2016年9月6日火曜日

○上手くなるために下手な絵も耐える‼︎

・短時間⇨流れ、全体のバランス重視 
・長時間⇨細部まで見てしまう 
など時間のかけ方で描き方も変わります。 
ちゃんと上手く描こうとすればするほど長時間=細部描きに行きがちです。
 短時間=不完全な状態を知ることで弱点が顕著になります。

短時間に淡白にしか描けないのもダメ。
 長時間ねちっこくしか描けないのもダメ。 
両方の描き方の特性を理解しつつ、あくまで「基本比率」「流れ」からはじまり「全体の一本」や「単調な形、シンメトリーを避ける」など応用範囲に至るまで意識すべき点を常に忘れないのが重要‼︎

0 件のコメント:

コメントを投稿

「普通」「常識」のワナ

こんだけ長ツイートしててあんまり「普通」「常識」を肯定的につかった試しはないかも。 自然と言葉にしてる人、頭に浮かべてしまう人は思考停止なので注意。 普通と常識を疑うことにこそ革新のタネがある。 「統計的に言って」も子賢いバカの常套句。 統計結果があり結論を導き出すのではなく...