2015年3月12日木曜日

Q、中学生ですが将来、作画監督になりたいですが・・・

Q、中学生ですが将来、アニメーター、作画監督になりたいです。
普通科の高校に進学するつもりですが、アニメ系に関わる高校に進んだ方がアニメーターを目指す身としては良いのでしょうか?

A、普通科でも大丈夫です。アニメ系の学科のある高校があるのかわかりませんが自分の周りでそういうところの出身のアニメーターを知りません。
統計的には専門、美大、その他の順でアニメーター新卒になっていると思いますが、自分も含めて「学歴」は全く関係ない!!といってもいいでしょう。

今、中学生のあなたに言いたいのは、勉強、部活、友人関係をしっかりと体験しといてください。
全部アニメーターになった時の糧になります。
アニメーターって特殊な仕事に見えますが実はただの「普通の仕事」です。
他人とやりとりして、他人の言われた通りに描いて、他人に見てもらって・・・と。
やることの中心が「絵」なだけであとは普通の社会人です。
ですから絵の練習も大事ですが、それ以上に「人間力」を今の段階では磨いてください。
今これから高校生活で味わうであろう挫折や喜びなど散々味わっておいてください。

そしてアニメ会社の本音から言えば・・・
「実体験の多い絵の上手いヤツ」に入って欲しいんです。
結局、伸びる人は貪欲になんでも興味を持ち、何歳になってもいろんな勉強をしているタイプ。
アニメはみんな好きですから。小手先で綺麗な絵を描けても先がないことがすぐわかります。実物をたくさん見ている人が最終的にはいい絵を描けます。











0 件のコメント:

コメントを投稿

「普通」「常識」のワナ

こんだけ長ツイートしててあんまり「普通」「常識」を肯定的につかった試しはないかも。 自然と言葉にしてる人、頭に浮かべてしまう人は思考停止なので注意。 普通と常識を疑うことにこそ革新のタネがある。 「統計的に言って」も子賢いバカの常套句。 統計結果があり結論を導き出すのではなく...